FC2ブログ
2016.04.18 呼吸 で養生
呼吸
 呼吸については、いろんな角度からいわれています。精神的にも、肉体的にも要に成りうる要素があることでしょう。息の漢字からも 自らの心と書くように、奥深いようです。ここでは、どのように奥深いか羅列したところで知識として 終わり  では少々もったいないので、日常の睡眠姿勢から感じてみることに。図の男性はお腹に手を当て息をはいているようですが、ゆっくり呼吸をすることと、お腹に手を当て温めていることで、リラックスできることが経験的にお分かりだと思います。もっと突っ込ん言い方をすると
 お腹を感じる   ことで、腸内が温められイキイキ動いている様子が分かるようだと、お腹が喜んでいる のかもしれまん。

 呼吸の仕方もいろいろあるようですが、先ずは、いつもの睡眠でお腹に手をあててみるのも良いかと思います。 


http://haritamaru.com 東広島市西条町寺家  082-424-0655
スポンサーサイト



ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 こんばんは。
 本日もご訪問ありがとうございます。クリスマスを迎え、年配の方から「苦しみます」と、とんちを言われる一日でした。

 今日は、経絡と神経、どちらが伝達速度が速いか?についてです。
 鍼治療をしていますと、「電気が走った」と言われることと、少し時間が経って「手先が、ジーンとする」と言われることがあります。その走ったとされる電流ですが、経絡と神経の伝達速度は、

 うさぎとかめ  との形容があてはまるほどの速度の違います。200倍くらい神経が速く(有髄神経と無髄神経とでは違いますが)経絡の循環はじっくり行っている。患者さんが言われる上記の早く伝達したのは、神経の伝達であり、ゆっくり伝達したのは、経絡の気の循環と考えられます。(ただし、神経線維に鍼をさしているのではなく、付近に信号が発信され、神経に伝達されています)

 また、発生学からいっても、経絡の分化が神経とされています。経絡が人体に必要とされていることを物語っていますね。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 こんばんは。
 本日もご訪問ありがとうございます。昨日、今日と交通障害を起こすほどの雪が西条を覆いました。わたしも、昨日は朝の始業に遅れていまいました。が、朝の道中で、ある方のスリップした車をみんなで動かすことに参加できたのは、とても気持ちの良いひとときでした。

 本日は、経絡の方向性です。経絡という 気 の管があり、そこを流れる気には 方向があります。
 陰の経絡は、下に向かう  のに対して、  陽の経絡は、上に向かう ということがわかっています。
 
 そのことから、陰の気は、身体の下部をしっかりさせ、陽の気は、身体の上部を流動性をもって支配していると考えられます。

 腹が据わり、脚が地についた状態でこそ、頭もクリアに冴え、充実した毎日を送ることが可能なのです。
 姿勢も正しく保たれ、感情も穏やかに、そしてリラックスした呼吸で全身に気力がいきわたる 健康体になります。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 こんばんは。
 本日もご訪問ありがとうございます。

 今日は 経絡がどこを巡っているか?についてです。シンプルに伝えるならば、体表面にとても近い、表皮という直接触れるすぐ下の 真皮という組織を中心に全身の結合識の水分が多い部分を流れる ようです。

 血管や神経とは独立した 経路 が 全身に 特に 真皮に多い。

 気を 誘導したり、調整するときは、体表に近いところを意識して施術するとはこういう意味があるのです。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

2014.12.06  経絡
 こんばんは。
 本日もご訪問ありがとうございます。ここ数日 寒気が入り西条にも雪が降りました。個人的には大好きな季節到来です。

 さて、本日も 経絡 です。鍼灸医学において、  気   ツボ   経絡 、 東洋医学でまとめると 陰陽 五行説も含むが最大の 醍醐味です。
 経絡について、歴史から振り返り、働きなどにも見てきました。今日は、

 ツボやツボの道筋である経絡に はりを施術することで、なぜ 心身に効果がみられるのか?
 簡単にみていきます。
 経絡とは、ツボの連ねたネットワークといいましたが、ツボとは特異的反応点です。そのツボ 経絡は生体に必要な 気であり、エネルギーが巡っているのです。気であり、エネルギーとは、組織液や電磁波の供給路であり、臓器の維持、再生、滋養に大事な役割を果たすのです。ですから、ツボや経絡が つまる 滞る と臓器の栄養路が断たれ、生体にとって都合が悪いのです。これが続くと 疾病 となるです。
 健康維持とは、気を巡らすこととも言えます。筋肉は 正しい姿勢の保持、生活や運動に対しての機能として必要です。食事は身体を創りあげるのに必要です。正しい所見、見識は身体を生活を伸びやかにするために必要です。情報にあふれ、気が巡りにくい 現代社会だからこそ、しっかりと 気を巡らし 生活を充実させていきましょう。

 今週も 皆さん ありがとうございます。
 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!